松江市議会議員 森脇勇人
活動風景1 活動風景2 活動風景3 活動風景4 活動風景5
トップページ
政治施策
議会報告
プロフィール
後援会
リンク
お問い合わせ
セキュリティポリシー

後援会だより

活動報告

会派広報
2019/08/20
 先日所属会派、松政クラブの広報委員長より会派広報の新聞折り込みと配布の説明があり、無事に新聞折り込みができました。会派の広報はホ−ムペ−ジでも行っていますが、今年度は久しぶりに広報を出そうということになり年二回行うことにしています。5月の役員研修、7月の全体研修、6月定例会の会派活動を報告したものです。現在は各部会ごとに来年度要望に向けて各種団体や地域の皆様との意見交換が行われています。新人の部会長さん方の熱心さに感謝しています。

 さて4月から運航が始まっている、しまねジオフライト(水上飛行機事業)も順調との報告もあります。しかしながら美保基地の管制や飛行機が常駐していないため現在平日の運行ができていない状況です。松江市には全国から年間100件近くの議会視察が行われていますが、平日運航が行われていないため折角の事業を視察内容に入れていただくことができません。今後の課題ですが早急に飛行機の体制、美保基地の管制がうまくできるよう働きかけたいと思います。

盆前連休
2019/08/11
 朝から大変熱くなっています。我が家のエアコンも20年近くたちとうとう壊れてしまい急遽取替の準備をしましたが、盆前・連休ということもあり頼み損ねました。品物はきたのですが工事業者がいない!商工会時代からの友人の地元の電気屋さん・大工さんにお願いし明日には何とか取り付けしていただける段取りになりました。本来このようなときばかりでなく様々な場面で「仕事」が提供できればいいのですが、公共・民間ともになくなってきました。今はネットで注文すると全てやってくれる時代になり「人と人の付き合い」で買い物をすることが無くなってきました。逆に人と人の付き合いがしたくなくそういったものを使う傾向もあります。特に若い世代にはネットは便利だし、気遣いがいらないからなのでしょう。しかし、災害や地域の活動、学校や自治会への寄付などはそういった商工業者にお願いすることが多く商工業者の方は大変です。また、いざというときにそういった方々がおられないと今回の私のように悩むことになります。最近は大工さん、左官さん、電気屋さん、駄菓子屋さん、酒屋さんなど今までは各集落に合ったお店がほとんどなくなってきました。日々の生活などの中でうまく利益の分配がなされてきたのですが、役所の事業一つとっても「ル−ル」がありそのこと自体が利益の分配がなされていない原因になっているように感じます。田舎では民間を相手にした営業規模が小さく、事業者は利益確保ができませんでしたが、そこにもわずかな公共の仕事があり、足すと事業がやっていけるというものでした。そのため役所はそういった経済活動が地域に根付くためにも小さな事業者にも仕事を出していたのですが、町が大きくなると「ル−ル」が邪魔をして利益の配分という事業発注ができなくなっているのが現状です。学校のエアコンの取り付け一つについても、「補助ル−ル」「事業者登録ル−ル」「入札参加ル−ル」など町の電気屋さんが入り込む余地がありません。これは大工さんや土木工事屋さんも同じです。しかし、年に一回も入札や随意契約をしていただかない業者さんが高いお金を払い入札参加や事業登録のためのお金を2年おきに払うことは出来ません。そのうちに小さなところは皆事業登録をしなくなる可能性もあります。対策が必要と考えます。

軽自動車保有台数
2019/08/09
 先日面白い資料をいただきました。軽自動車の保有台数の都道府県の状況なんですが、鳥取県が一世帯当たりの保有台数が1.03と佐賀県、長野県と同率で一位、その次が島根県で4位ということになります。あまり全国の都道府県でランキングが一ケタになることがありませんがそのような結果です。鳥取県の軽自動車保有台数は242,301台、島根県は290,174台全国と比べると台数は少ないのですが世帯数で割ると上位になるようです。
 このことはある意味、島根や鳥取では公共交通が発達していないから移動のためには世帯に必ず車が必要ということであり、軽自動車でないと走りずらい道路ということでもあります。県民所得の状況もあるのかもしれませんが、大人一人に一台のようになっているのが現状だと思います。そのようなことから、バス、タクシ−といった公共交通の利用者が少なくなっているのも現状です。若いころならいいのですが高齢化社会になり車という足が無くなると田舎では大変暮らしにくくなります。都市型・田舎型の公共交通の在り方を地方はかんがえなくてはならず、中々妙案が浮かびません。

鳥取県順調
2019/08/08
 今朝の新聞で米子から境港までの高速道路の延伸要望を鳥取県の平井知事と米子市の伊木市長、境港の中村市長が舞立参議院らと国土交通省への要望活動をされたと報道されていました。出雲、松江、安来、米子、境港の圏域議長会は市長会にならい発足していましたが私が議長の時には当時境港までのル−トのこともあり米子市議会が一枚岩でなく要望が出されていませんでした。当時私が圏域議長会の会長をさせていただいていたため、米子の議長に境港と共同で高速道路の延伸要望を圏域議長会要望で出されてはと提案し、出雲と松江は高規格道路境港出雲道路、安来は米子〜安来間の橋梁の要望を圏域議長会で両県知事に提案したものです。これは宍道湖中海八の字圏域と言いながら高速道路高規格道路で結ばれておらず都市間の移動に一時間近くかかる場所もあります。これが高規格道路を作ることにより、高速の松江〜出雲までのように30分で結ばれれば圏域の移動・交流が劇的に変わり様々な面で好影響が出てきます。また災害時の避難道路としても有効です。しかしながら新幹線もそうですが、鳥取県の平井知事は大変前向きですが、当時の溝口知事は非常に消極的で境港出雲道路も計画道路にされておらず現在松江北道路がやっと着手される見込みです。今回、丸山知事に替わりどのような判断をされるのかと思いますが、高速道路は前知事と同じ判断、高規格道路はどのような判断で臨まれるのかと政策を見ています。要望書を出した当時島根県側が早いという印象がありましたが、こうやって新聞記事を見ると鳥取側の米子・境港間の高速道路が見込みが早くなるのかなと感じてしまいます。国会議員は大変尽力していただけますが、肝心の県が動かなくてはどうにもならない内容です。

過疎地域
2019/08/06
 島根県民、松江市民の何人の方がご存知かわかりませんが、島根県の市町村で松江市と出雲市以外の市町村がすべて過疎地域に指定されていることをご存じなのだろうか?松江市でも私の地元美保関町は過疎指定されており一部過疎の扱いです。国は過疎指定にすることで事業費100%充当、元利償還金の7割を交付税措置を行っています。令和元年度は計画額4700億円になります。また、国庫補助金も補助率二分の一、三分の一のものも含め令和元年度は6.9億円が予算化されています。昭和45年から続いてきた過疎対策法も4度の名前の変更を行い行ってきており平成22年からは6年延長、平成27年からは5年延長と法改正がなされてきました。今回の延長分は令和3年3月末までの期限ですが果たして延長ができるのか島根県の政治力が期待されます。そのような中各自治体では積極的に総務省の制度を使い地域活性化に役立てています。その一つが集落支援員制度です。現在集落支援員の設置は全国で1391人、自治会長などの兼務では3497人となっておりこれは過疎地域に限定されることなく設置できます。財政措置として支援員一人当たり350万円を上限に特別交付税措置が行われます。島根県では137人の方が活躍されておりその中でも、津和野町32人、海士町25人,益田市22人、川本町13人は突出しています。
これは各市町村が積極的に国の制度を活用している状況で島根県の市町村の利用状況は全国1位です。
しかしこのように市町村が頑張っていても島根県では過疎が続き過疎の脱却ができない状況です。今日の新聞でもお隣の鳥取県では高速道路がほぼ全線開通し、新幹線誘致に一生懸命取り組んでいるのに、島根県知事は高速道路が未開通だから、沿線の今後の管理が大変だからと新幹線整備に消極的です。これは溝口前知事と同じスタイルですが私は県がやることをしっかり取り組んでいただきたいと考えます。市町村が行うことを県が考えるのではなく県だからしなくてはいけないことを取り組んでいただきたいと思います。私はいつも思うのですがどうして石見の方が東京や大阪をを目指すのか、私だったら福岡や北九州、広島、山口との連携を密にする高速道路網や新幹線網を要望すると思います。しかしながらそのような要望もないままに東部への高速道路が要望されます。他県とのかかわりを進めるためには県が国を動かさなくてはなりませんが、県内完結型の政治が行われそのような兆しは見受けられません。県内を縦貫する高速道路は大切です。しかし今新幹線誘致の活動をしなければいずれ松江、出雲までが過疎地域に指定されることになりかねません。人がいなくなってから高速道路がついても、新幹線が通ってもどうしようもありません。林先生じゃないですが「今でしょ」

命日
2019/08/05
 昨日は25年前に亡くなった父の命日で久しぶりに兄弟、親族が集まりました。今年の盆は家内の父が亡くなり初盆のため盆の接待ができないため命日に集まってもらいました。5歳未満が6人いると騒がしく感じますが、親族の子どもが集まると20人近くになるためいつも盆や正月は時間差で訪問してもらうのが約束ですがこの状況だけ見ていると本当に少子化なのかと感じてしまいます。私の親族を見ると次男、三男以外の長男、長女はほとんど親との同居です。そのため子供も2人から4人います。幸せなのか大変なのか生活するのに一生懸命です。同居していない子供たちも何かと親を頼ってきますが頼られる親は一人なのでいつも大変ですが、その大変さに喜びを感じています。しかし近所の伯父を見ると90才になるのに65才の従弟は都会での暮らしがあると言って叔父叔母は老人世帯です。一生懸命仕事をして子供を大学に行かせ、就職し結婚したら生活が大変だと仕送りをしそれでも帰ってきていただけない。そんなお年寄りが私の近所にはたくさんおられます。個人主義、個人の尊重いろいろな権利を主張するこの頃ですが、もう一度家族とは何ぞや、教育とは何ぞやとそれぞれの家庭を見て考えさせられます。

情けない
2019/08/02
 先日自宅で転んでしまい膝をひねってしまいました。大したことないと思い何もしなかったら夜になり大変痛くなり、寝返りもできないくらい激痛でした。朝起きると痛くて立ち上がることができず、その日の議員研修を急遽欠席し病院に行きましたが痛くてなかなか歩けませんでした。幸いに骨には異常が無く捻挫で痛み止めとシップをいただきましたが日にちが経てば直るでしょう。今日は玉井斎場議会に出席しましたがまだ痛みがあり歩くのは少し不便です。しかし野球のスライディングのようになっただけなのにひざが固くなっていたのか痛みが出るとはなんとも情けない話です。

 情けないと言えば日韓の関係ですが日本の韓国へのホワイト国除外を韓国では大変大げさに報じていますが私たちから見ればほとんど関心がありません。優遇制度をしなくなっただけで他の国並みにしただけですがあまりにも大袈裟です。韓国では日本の個人に対する戦後補償を国が受け取ったにもかかわらず、時の韓国政府は国民には保証せず、国家事業に使ってしまい明らかに韓国国民に対する非は韓国政府にあるのに、長い間の独自の教育によりその非は保証したはずの日本にあるよう教育をしていき今では多くの韓国人が韓国政府を非難することなく賠償した日本を非難するといういかにも見当違いの活動が行われています。日本のマスコミも大変だとか、経済がどうとかではなく国民に中身をしっかり伝えるべきと考えますし真実を伝えるべきです。日本のマスコミも韓国資本の影響を受けてあまり真実を報道しない、スポンサ−の顔色を見るというようなところが感じられます。特にBS放送では私たちはあまり関心のない朝鮮王朝の時代劇を多くのチャンネルで放送しておられBS放送の料金まで払い見たくもない放送を見せられるのはたまったものではありません。しかしながら韓国政府の国民を巻き込んで自分たちの非を認めない姿勢はいかがなものかと感じます。まずは戦後補償を韓国政府が行いその姿勢を見せたのちに今後の日韓関係をどのような事業を行えば改善できるのか新たな制度を構築できればと考えます。日本もシベリア抑留は明らかに旧ソビエトの違法な判断ですがソビエトから保証は受け取ることなく麻生政権時に日本が保証したはずです。マスコミにはそのようなことも伝えていただきたいものです。

期成同盟会
2019/07/31
 昨日は国道431号、県道境美保関線の改修期成同盟会の顧問として参加しました。この改修事業もすぐにでも出来るようなことでしたが、計画が出来てからでも10年以上たってしまいました。特に島根県の事情のようですが、「予算がない」とは別に仕事のぺ-スが遅すぎるように感じます。調査設計、土地の買収、工事となるのですが土地の買収についてあまりにも時間をかけすぎのように感じます。これは県の土地対策は昔から対応が遅く、市町村に丸投げというようなことが良くありましたが、合併が進み県がやる事、市町村がやることとすみわけがされるようになり、逆に地権者交渉が進まないように感じます。規制同盟会では要望するにしても漠然としており「県にお願いする事」「期成同盟会として協力して進めること」などの区別がつきにくく話を聞いていて困惑します。地元は要望するからには積極的に地権者対策も含めて「行動」するべきだし、県においてもしっかりと地元協力を「依頼」するべきと感じます。今は「予算をつけてくれ」という要望ばかりで道路の進捗が目に見えていないのが気がかりです。

 何年か前になりますが、国道の地権者交渉のお手伝いをしたときに、企業が地権者交渉に応じないから「強制収容の手続きを行う」と説明があり内容を伺ったところ私が勤めていた企業でした。本社の社長にお話を伺うと県は「挨拶に広島まで課長が変わるたびには来るが具体的な話は一切せず、いつも何しに来たのかと思っていた、挨拶に来るたびに内容と、どのような立場の方が来られたのか20年分の記録もある」ということでした。会社の元上司に聞くと「松江は営業所なので広島の本社と交渉してください」と答えていたそうですが、どうも担当者は広島にはいかず、交渉をされていなかったようです。当時その担当者が移動になり私もお手伝いせていただきお話が進み、無事に国道のバイパス工事が進んだことがあります。当時の松江県土整備事務所の所長さんからは感謝されたものです。地権者対策が終われば事業は終わったものという感覚がありましたが最近は予算がつかないから進めないということがあるのかと疑うくらい県事業の進捗が遅く感じます。

空港利用
2019/07/29
 7月23日・24日と会派で研修を行いました。先般役員で研修した内容を会派で共有して勉強会をしたものです。新たな研修のものもあり市長が研究している宿泊税について観光庁から全国の流れや状況の説明、観光客の入込状況などの資料をいただき説明をしていただきました。その資料の中で気になったのは島根の宿泊客の状況です。毎年度違うのですが島根県は昨年10億円余りの観光予算をつけていますがインバウンド(外国人観光客)観光客の宿泊は全国最下位の47番目、日本人観光客の宿泊も43番目と思ったような効果が出ていません。鳥取県は約20億円の観光予算を付けており全国では中ほどの位置で頑張っています。観光客の集計により数字が違ってくるのかもしれませんが予算も結果も鳥取が上のようです。議長の時に全国展開するタクシ−会社の方から「鳥取県では外国人観光客がタクシ−を利用するとき半額の補助が付くが島根県や松江市では行われていない。効果は出ており、中国や台湾のエ−ジェントと契約するため中国語が話せる社員を採用した。松江市でも行ってはどうか」というようなお話を聞きましたが観光予算で差があるのはこんなことからかもしれません。本来であれば山陰DMOや圏域のDMOを県も松江市も取り組んでいるのでその中で鳥取県、島根県共同で取り組めればと感じます。もう一つ気になったのはインバウンド観光の結果の良いところは韓国からの直行便を自分の県の空港に誘致していおることです。九州などは全県の空港で直行便がありその為そういった地域のインバンド観光客は韓国人が一番多い内容となっています。逆に広島県などは原爆祈念館などの影響から欧米人が多いようです。島根県では台湾、中国からの観光客が一番多く他地域のように韓国からの観光客が断然多いというものではないようです。今、島根県は韓国からの直行便を他地域に倣ってか出雲空港に誘致活動を行っていますが、私は米子空港で行っているものをわずかな距離しかない出雲空港で行うのではなく、出雲空港では台湾やシンガポ−ルなどの直行便を考えるべきと感じています。折角空港が近いのに、お互いの県で競争するのではなく差別化をしてお互いに利益になるようにするべきです。広島からの外国人旅行者はバス料金が500円で松江まで来れるように松江市が補助を行っており徐々に効果が出つつありますが、やはり新幹線が必要です。昨日も書きましたが空港が利用しやすいようにもっと観光客や利用する人の目線で改修なり運営なりするべきと感じます。設置者の都合では中々観光客は呼び込めないと感じます。

東海島根県人会
2019/07/28
 昨日は東海島根県人会に参加してきました。議長在任中に唯一いけなかったこともあり、議長は交代しましたが自費で参加させていただきました。一昨年は全国議長会の公務、昨年は台風のため参加できず、今年もなぜか台風が名古屋を直撃していましたがなんとか運行し無事に参加できました。久々にFDAに乗ったのですが多くの方が乗っておられ空港の利用の好調さがみられます。今回、東海県人会では会長が交代され新しく桂新会長さんが就任されました。桂会長は私と同期だった公明党の桂元議員さんのお兄さんだそうで、元愛知県議会議員だと伺いました。挨拶や話し方が大変よく似ておられびっくりしました。今後とも県人会を盛り上げていただきたいものです。

 それにしても出雲空港の混雑は何とかならないかと感じます。利用者が増えるのは大変ありがたいことですが駐車場が少なく臨時駐車場もいっぱいで車を止めるのが大変です。バスもよいのですが早く空港までの電車の乗り入れなど真剣に考えなければならないように感じます。飛行機で日帰りはありませんので、便数掛ける乗客数の車が止まると考えなければなりません。宍道駅からのJR,一畑交通の乗り入れなど地方創生で考えてみてはいかがでしょう。こういったことも県事業です。

前ページTOPページ次ページHOMEページ


ページのトップへ


- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel

森脇勇人後援会事務局〒690-1311 島根県松江市美保関町惣津142TEL 0852-72-3265Eメール

Copyright 2007 Moriwaki Hayato All Rights Reserved.